Q & A

TopImg-Faq.jpg

SSキャサリン号、レセプション

HOME > Q & A

乗船前のQ&A

Q:ビザが必要ですか?

日本国籍の方は、ロシアのみビザが必要です。
パスポートは、国によって異なりますが、基本的に滞在期間+6ヶ月の有効期限が必要です。

Q:パッセンジャー・インフォメーション・フォーム(PIF) は必要ですか?

PIFはパッセンジャー・インフォーメーション・フォームです。お客様のニーズに細かく対応するためにご連絡いただく情報です。クルーズ前後のご予定、緊急連絡先、持病、アレルギーやお食事制限などを事前にお知らせいただき、その情報にもとづき万全の準備を致します。

Q:空港と船の間の交通手段はどのように行けばいいのですか?

乗船日の指定時間帯に空港に到着(または出発)する便にお乗りいただけば、無料の空港送迎をご利用いただけます。予めフライト情報をお知らせください。税関出口・荷物受け取り出口で係員がユニワールドのロゴ入りボードを持ってお待ちし、専用バスで船あるいはコースに含まれるHotel(下船日は空港)までお連れします。指定時間帯以外の便の場合は、有料送迎を手配することができます。または、タクシーもご利用いただけます。ご乗船の書類と一緒に、乗船場所/下船場所の案内を同封いたします。
無料送迎ガイドラインはこちらから→ 2016年2017年

Q:何時からチェックインできますか?早い時間のフライトで到着したら?

船には午前中から乗船いただけます。午後3時まで客室はご利用になれません。午後3時前に到着されたお客様は、スーツケースをフロントでお預かりいたします。市内散策やショッピングなどをお楽しみになるか、もしくはラウンジでおくつろぎください。タクシーはフロントでお呼びします。コーヒー・紅茶、ミネラルウォーター、また昼前に乗船される場合は、ラウンジで軽食を無料で用意しております。ご自由にお召し上がりください。

Q:言葉が不安です。どんな乗客が乗りますか?

船内は英語です。船は浮かぶホテル、外国のホテルに個人で宿泊された経験があれば大丈夫です。150名前後ほどのお客様なので、クルーもお客様もすぐ顔を覚え親しくなります。お客様の7-8割は米国人、おおむね50-70歳代です。

Q:クルーズ中の服装は?

日中は快適でカジュアルな服装で結構です。その季節、旅する地域の気候に合わせた服をお選びください。気温の変動に対応できるので重ね着がおすすめです。色合わせを考えて服を選べばボリュームも抑えることができるでしょう
ドレスコードは、船でも下船観光でもスマートカジュアルです。船でのウエルカムディナー、フェアウエルディナー、陸でのディナーやコンサートには、男性はジャケット(ノータイも可能)、女性はおしゃれなワンピースやパンツスーツがお勧めです。
靴は石畳などでも、しっかり歩けるウォーキングシューズとおしゃれな靴を1足お持ちください。また、日除け帽、折畳み傘(大きな傘は船に備えております)、小さく折りたためるウインドブレーカー、ショールなどをお持ちになると便利です。
ディナーでのショートパンツはご遠慮ください。

Q:部屋のアメニティーは?

全室リバービューのお部屋にはエアコン、液晶テレビ、船内用電話、金庫、南仏ロクシタンのアメニティを取り揃えております。無料の飲料水、ドライヤー、バスローブ、傘もご用意しております。
船内の電力は220V、船室のソケットは2ピン(ヨーロッパCタイプ)です。
お部屋のベッドはダブルにもツインにもセットできます。(一部、変更できない船があります。ご確認ください。)
毎日ハウスキーパーがお掃除し、安全確保のため見回りも行われます。
スイートルームには、バトラーのサービスがございます。何なりとお申し付けください。

クルーズ中のQ&A

Q:お食事は?

船内のレストランは、リラックスした雰囲気で全員が一度にお座りいただけるワンシッティング、朝食/昼食は豪華なビュッフェをお楽しみください。夕食は郷土料理やシェフ自慢のコースディナーをご用意いたします。特殊ブランドやヴィンテージワイン以外の、全てのお飲物(ワイン、ビール、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶、ミネラルウォーターなど)が料金に含まれております。

Q:レストランの席は?

自由席で、一度に全員がお座りいただけます。お客様の交流がしやすいよう、4-6人掛けのテーブルになっております。

Q:外国客とのディナーは心配

個人での海外旅行のご経験があれば、心配には及びません。また、初めての方や日本人のサポートが必要な方にはパッケージツアーを主催している旅行会社をご紹介いたします。

Q:下船観光はどのような感じか?早く歩けないが参加可能か?

夕食の間、ベッドメーキング時にお部屋に翌日のスケジュールが配布されます。
下船観光は、ごく少数を除き料金に含まれ、各寄港地では2つか3つのコースからお選びいただけます。御足の調子に合わせてゆっくり歩きコースや、健脚派向けに自転車ツアーなどもあります。夕食前のミーティングで、翌日の観光と歩行難度をご説明いたします。

Q:自由時間に街歩きをしたいが?

桟橋はほとんどが町中です。船の定員が少ないので乗下船はあっという間です。乗船時に船名と電話番号を書いた緊急連絡先カードをお渡しし、寄港地ごとにレセプションで街歩き用の地図を差し上げます。まれに桟橋が遠い場合は、町と船間に無料のシャトルバスをご用意します。

Q:レストランの席は?

自由席で、一度に全員がお座りいただけます。お客様の交流がしやすいよう、4-6人掛けのテーブルになっております。(英語が苦手な方のためのテーブルヒント集を作成しております。こちらをご覧ください)

Q:ランドリーやドライクリーニングは?

有料のランドリーサービスがご利用頂けます(洗濯、乾燥、アイロンがけ)。また、船内にはセルフサービスの洗濯機、乾燥機、アイロンがあり、無料でお使いいただけます。洗剤はフロントで(約2ユーロ)でお買い求めいただけます。ドライクリーングは排水の問題から扱っておりません。

Q:船は禁煙?

船内と観光バス内は禁煙です。喫煙は、サン・デッキの指定場所、お部屋に船の図面上に指定場所が表記されておりますのでご確認ください。ヨーロッパの多くの観光名所は禁煙です、ご注意ください。

Q:船内でインターネットはつかえる?

無料のインターネット・コーナーが設置されております。入力は英語のみとなります。メイン・ラウンジとキャプテン・ラウンジではWi-Fiが無料でご利用いただけます。Wi-Fi対応ノートパソコンやスマートフォンをお持ちいただければ、日本語でメールの送受信ができます。
注意:ロックや橋の下を通過中、また地形によって電波が届かないことがあります。船内の接続スピードはご自宅より遅いです。
ご了承ください。

Q:自分の体力がちょっと心配なのですが、どうすべきですか?

ご自身の体力について心配なお客様は、出発前にユニワールドのスタッフにご相談ください。車椅子や電動スクーターなどの使用が必要なお客様は、エクスカーションにご参加いただけない場合や、乗船できない場合もございます。また、市内観光では、石畳など平坦ではないところを歩く場合もありますので、長距離の歩行が困難なお客様は、参加が難しい場合があります。

Q:船内の支払いは?

ユニワールドは船上ではキャッシュレス(現金なし)の環境を整え、それを特徴としております。船内通貨はユーロです。クルーズ中の費用はすべてサインで、下船前日にご清算いただきます。お支払いはクレジットカード(MasterCard、Visa、American Expressでユーロでチャージされます)、ご利用されているクレジットカード会社と海外でのご利用についてご確認ください。
または現金でのお支払をご希望の際、船内ではユーロと米ドルの現金をご利用いただけます。(お支払いただく金額は、その日の船内レートで計算されます)。

船上にATM機はありませんが、ヨーロッパの多くの都市には、大手銀行のATM機があり、多くのデビットカード、クレジットカードでの現金化が可能です。なお緊急の場合のみ、船上で定額の両替ができます。

Q:チップは?

クルーズ中の全てのチップ、クルーズと一緒にご予約されたユニワールドの前後泊のホテル部分のチップは料金に含まれております。(ロシアをのぞく)

Q:船内の蛇口の水は安全?

お部屋の蛇口から出る水は特別な浄化システムを通しておりますので、飲み水として安心してご利用いただけます。ペットボトルの水もご用意があり、また携帯できるアルミボトルをご用意しております。ボトルはお土産にお持ち帰りください。

Q:貴重品の収納は?

各船室、ホテルの部屋には金庫があります。フォーマルはありませんので、貴金属などはなるべくお持ちにならないようにお願いいたします。貴重品は自己管理をお願いいたします。船内でのお忘れ物の本国発送に関しては、お客様のご負担となります。エクスカーション中、スリにご注意ください。

Q:エレベーターは?

ライン、マイン、ドナウ川を航行する当社のほとんどの船には、サンデッキ(最上階)以外のすべての階に止まる船内エレベーターが備え付けられています。いくつかの船には、階段にサンデッキにアクセス可能なチェアリフトが備え付けられております。

Q:チェックアウト時間は?

下船2日前の夜に、クルーズマネージャーが下船日の説明をします。お客様の出発便に合わせてチェックアウトの時間をご案内いたします。次のコースの乗船の準備の為、8:00amまでにお荷物をお部屋の外に出していただきます。フライト時間に合わせて朝食をご用意いたします。  場合によっては4:00amの出発になることがあります。早朝のご出発の場合は、コーヒーステーションでセルフサービスのコーヒー/紅茶、ジュース、デニシュ・ペーストリーなどを24時間ご用意いたしますので、自由にお召し上がりください。そのままクルーズを続けるお客様は、当日も観光できます。または自由に目的地を散策することも可能です。いくつかの目的地へのオプショナルツアー(エクスカーション)への参加も可能です。補足:航空機の出発便をお知らせいただければ、それに合わせてタクシーを呼ぶことができます。(下船日の2日前までにレセプションでご予約ください。)出発が遅い時間の場合は、お荷物はフロントでお預かりいたします。ラウンジは自由にご利用いただけます。

ご存知ですか?